軽井沢あたりで静かな場所が望みです

軽井沢というと古くからある高級別荘地でなかなか手が出そうにないという印象です。しかし夏は涼しく、冬はスキーもできて、アウトレットに代表されるような何かしらの観光スポットが一年中使え、東京から新幹線で1時間程度というのは非常に魅力的です。これまで何度か軽井沢には行ったことがあるけれども、行く度にこういう所に一軒家があったら楽しいだろうなあという思いを強くしています。静かな場所で本を読んだりする生活をして、少し退屈したら近所の観光スポットへ散歩がてら出かけてみるという過ごし方はかなり魅力的です。

 

軽井沢での別荘は避暑目的が中心で、冬場は水道を止めてしまう家が殆どだと聞きました。しかしせっかく長野県にあるのですから、冬場のスキーも楽しみたいです。ですから冬も使えるような構造、すなわち、しっかりした断熱剤が使われ、ストーブを使えばきっちりと暖かくなる家が理想です。可能であれば二重窓があるといいかなと考えています。

 

思いついたときに季節を問わず行くことが出来る物件がいいです。またせっかくの別荘ですから、テラスも欲しいです。木のぬくもりが大切だと考えるので木造のテラスがいいですが、耐久性を考えると、屋根でしっかり覆われたテラスが理想だと思います。別荘の管理会社によっては冬場の水抜きに結構なお金がかかるところがあると聞きました。そのため家の管理等を自分で行うことができ、管理費が安く設定されている別荘がいいと考えます。

 

アクセスを考えると、基本は車で、時に新幹線でというスタイルになると思うので、出来れば高速のインターからあまり遠くはないところがいいです。軽井沢とはいっても、旧軽井沢のような軽井沢を象徴するような場所でなくてはいけないというのではなく、軽井沢圏内で、自然が楽しめるような場所であればいいのかなと思います。古くからの別荘地は観光客も多く、意外に落ち着きがなく、ひょっとしたらまだあまり知られていない新しい別荘地のほうが実質的で充実しているのかもしれません。軽井沢町に限定しなければ選択肢はかなり多くなるような気がします。